2018/ Le Japon

8 & 9 décembre 2108 : le Japon, avec Kanazawa, une de nos villes jumelées, sera le pays invité d’honneur. Les festivités s’organiseront autour des quatre éléments : l’eau, l’air, le feu, la terre. Dépaysement garanti !

La légende en japonais

聖ニコラの伝説

むか~しむかし、3人の子供が畑に落穂拾いに出かけました。

拾っているうちに夜になり、子供たちは肉屋にたどり着きました。

「肉屋さん、今晩僕たちを泊めてくれませんか。」

「もちろん、どうぞお入り、可愛い子供達よ。寝る場所はちゃんとあるからね。」

家に入ったとたん、肉屋さんは子供達を殺し、小さく切り刻んで、まるで豚のように塩漬けにしてしまいました。

それから7年が経ち、聖ニコラが同じ畑を通り、肉屋にたどり着き、扉をたたきました。「肉屋さん、私を泊めてくれませんか。」

「どうぞ、どうぞ、聖ニコラ、寝る所は十分あるからお入りください。」

聖ニコラは、入るとすぐに夕食を頼みました。

「ハムはいかがですか。」

「美味しくないから結構です。」

「それじゃあ、子牛の肉はいかがですか。」

「子牛は食欲をそそらないから結構です。」

「肉の塩漬けが欲しいなぁ、7年間塩漬けされた肉が壷に入っているだろう。」

肉屋さんはそれを聞いて仰天し、扉から逃げ出しました。

「肉屋さん、肉屋さん、逃げずに悔い改めなさい。そうすれば神様はきっと許してくれるよ。」そういって、聖ニコラは3本の指を伸ばし、3人の子供は生き返りました。

1人目は「あぁ、良く寝た。」、2人目は「僕も良く寝たよ。」、そして3人目は「天国にいたかと思った。」と言ったとさ。

Informations annexes au site